経営者・ビジネスマンが実践している『当たり前のこと』

「当たり前のことを当たり前にやる」

自分が当たり前と思っている日常のルーティン。
果たして、自分が成長するための
正しい「当たり前」の行動だろうか?
「当たり前」の受け止め方は、
人のレベルによって様々です。
成長し続ける人は「当たり前」のことを
出来ているか否か?」という基準で省みます。
そして、そういった厳しい刃を自らに向けます
しかし、成長できない人はその「当たり前」を
知っているか否か?」という基準でしか考えない。
この両者には、天と地の差があります。
当たり前とは、当たり前に「出来ている」ことです。
当たり前のことだと、「知っている」ことではありません。
しかし、多くの人はこのことが分かっていない。
だからいつまで経っても「当たり前」と認識していることが
出来るようにならない。
当たり前から、逃げていないか?
当たり前を、軽く見ていないか?


電脳HANDBOOK HINTFILEより抜粋。

経営者・ビジネスパーソンが実践している『当たり前のこと』

ここからは経営者・ビジネスパーソンが実践している当たり前のことについて、読者からシェアしていただいた取り組みをご紹介いたします。

編集部の中からピックアップし、ジャンルに分けていくつかご紹介していきたいと思います。

考え方・マインドセット面での声

考え方や行動指針といった、仕事・プライベート問わずに行動へ落とし込めるような内容ばかりです。

口を慎み、他人の悪口を言わず、自身への悪口は素直に受け止める。

常に仕事の在り方を考えており、この次はどういう風にやっていくかを自分に落とし込んで一つでもプラスになる事を見つけようと思っている事。

1時間前には出社する。遅刻を絶対しないことで自身の信用残高を増やす。

本音8割:建前2割、常に相手目線で誠実に思いやりの心をもって対応すること。物事の大小、社内社外問わず感謝を忘れないこと。

当たり前を常に疑う。

“雪が降っても自分の責任”という意識で、何が起きてもポジティブに捉え前向きに考えるように意識・行動している。

常に学び続けること。

自学自習している。

思考を深めたいときには紙にどんどん書いてアウトプットしていく。

相手がどういう人かわからない以上、そこまでしなくてもいいんじゃない?と言われるくらいどう見られてもいいようにしてます。

常に今日が最後だと思う。本当に今日がやり切ったのか?と自分に問う。今日一日、ちゃんと心が入っていたかを自分に問う。

仕事面での声

仕事面で当たり前として行動していることは改めて見てみると、本当に社会人として最初に学ぶようなことが多いことに気付かされます。大切なことは最初に学びますが、自分の中の当たり前としてきちんと行動できているか、改めて見つめ直してみるのは大切なことだと実感します。

「今日は何をやるのだ!」と意欲を持って出社する。

新しい知識の共有。

報告・連絡・相談。

目的を必ず共有する。

わからないと思ったときはすぐに指示を仰ぐ。

即レス・もらった連絡は回答できるタイミングですぐに返事する。

準備をちゃんとすること。20代後半に気づきましたが、ほとんどのビジネスパーソンは準備をロクにしていない。逆にできる人は入念な準備をしている。なにごとも事前準備をして積み重ねてきたからこそ、準備の時間が短縮され、周りからすると準備せずにやっているように見えている。このことに気づいて以降、何事も準備して望むようにしています。

毎週末の1週間の振り返り。

原価意識徹底してます。

名刺もらったときには相手の名前を復唱する。

気遣い・配慮面での声

対人関係面では気遣いや配慮といった行動が目立ちました。特に挨拶は多くの方から回答をいただいています。

挨拶を元気よく。

文面だと冷たく感じられやすいので、適度に言葉じりに気をつけています。

なにかをしてもらったときは「ありがとう」と必ず言葉にする。

質問するときに質問する理由を先に伝えること(相手に違和感を持たれない)。

『でも・だって』というワードを極力避け、『なるほど・すごい』というワードを使うようにしている。

掃除。整理整頓。社内や身の回りをいつも整えるようにしてます。

電話では1トーン声を高くする。

周りへの配慮。言葉を発するときに反射的に出ないように周囲の状況を見ながら話を始めるようにしています。

テキストコミュニケーションでは一呼吸おいて意味がきちんと伝わるか推敲してから送信する。

いかがでしたでしょうか?

新しい気付きや発見、また当たり前と思っていても、やはり改めて行動を振り返るとできていない部分も多く感じますね。
ぜひこの機会に、一度振り返ってみていただければ幸いです。

電脳/OAランドのメールマガジンでは、HINTFILEで経営とビジネスと人生のヒントになるコンテンツを配信しています。

メールマガジンの配信登録はこちら

このページの先頭へ